Community Managerが集い、学ぶ為の “C.M.Lab” を立ち上げました。

 

Community Manager、もしくはこれからCommunity Managerとして働いていく人が集い、Community創りやその運営方法を共に学び、研究していく団体

 

C.M.Lab

“Community Manager Lab 〜Community を学び、創り、運営する〜” を立ち上げました。

こちらが当団体のブログです。

 

以前の記事でも紹介しましたが、Community Managerという職種はまだまだ日本では知られておらず、Communityという概念をビジネスに持ち込むことすら違和感があると思います。

しかしながら、人との繋がりの中で情報や行動を消費していく「つながり消費」の時代の今、ダイレクトに同じ価値観の人と繋がる事の出来るSNS上において、コミュニティと企業との親和性を高める「コミュニティマネージャー」という新しい職種や人材が少しずつですが注目されるようになりました。また、自己の認識なく同等の活動をしている人が増えているように感じています。

Facebook Page、twitter、BlogなどのWEBメディア上の人口増加と共に、それらのツールを使用してブランドのファンを形成し、コミュニケーションを図る企業や団体が多くなってきました。

また、様々な業界において収益維持・成長のための「エコシステム」が注目を集めるなか、京都のshare KARASUMAが「企業のエコシステム」を目指し2010年7月にシェアオフィスをオープン。同様に大人の学び場「ヒトマナビカフェ」、ものづくりの為の「oinai karasuma コワーキングスペース」など、目的をより具体化し同じ価値観を持つ利用者が集う場所が同一エリア内で次々と立ち上がりつつあります。各施設の個性を活かしつつも、相互連携によりレイヤーが厚くなることで、地域の魅力がより引き出されていく可能性を感じています。

上記のように、同一組織内ではないコミュニティをどう運営し、維持し、発展させるかという問題意識から、異なるコミュニティに関わっているコミュニティマネージャーの為の情報交換、学びの場所として、この『C.M.Lab』を立ち上げました。

 

Labという名前の通り、私達は完成した組織ではなく、あくまで「研究所」というポジショニングを取っています。

コミュニティという常に変化を続けるモノを対象に働いていく限り、そこに答えはありません。C.M.Labでは、WEBからリアルまであらゆる種類のコミュニティ運営をしているコミュニティマネージャーが集まることで経験を共有し、知恵やアイディアを蓄えていく、そんな団体であろうと考えています。

 

『Communityを創り、学び、運営する』というミッションに従い、自身でコミュニティを作り上げ、そこから得た学びを元に今後の運営に繋げていく、というような活動を行っていきます。

 

具体的には、

  • 定期ミーティング/勉強会
  • Community Managerの為のイベント開催と運営(初回は5月下旬を予定しています)
  • ブログ執筆(C.M.Lab〜Blog

を活動の軸としています。

 

主な活動地域は基本的に京都ですが、東京組はSkypeなどの参加で活動を継続している状態です。

イベント開催は関西だけでなく東京での開催も予定しているので、是非宜しくお願い致します。

また、共にC.M.Labの運営に携わって下さる方、団体に興味を持って頂ける方がいましたら大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

Contact ページ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中